車のバックカメラが映らない原因!モニターの曇りやぼやける時はカメラカバーをチェック!

車のバックカメラが映らない原因!モニターの曇りやぼやける時はカメラカバーをチェック!

自動車のバックカメラが映らない原因については、様々なことが考えられます。

たとえば、バックカメラが時々映ったり映らなかったりする場合は、配線やコネクターなど電気回路のどこかで接触不良が起こっている可能性があります。

また、モニターの曇りや画面がぼやける時は、本体に故障がないかを確認するとともに、カメラカバーの表面がザラザラに劣化していないかも確認する必要があります。

今回の記事では、車のバックカメラが映らない時に考えられる、主な原因について解説していきます。

Sponsored Links

車のバックカメラが映らない原因

自動車のバックカメラの映像がモニターに映らない時に考えられる、主な原因は次のようなことが挙げれます。

配線やコネクターなどの接触不良。

本体やカメラコントロールユニットなど電気機器自体の故障。

ヒューズ切れやバッテリー上がりなど電源元の不具合。

これらのことを1つ1つ解説していきます。

Sponsored Links

配線不良

バックカメラやカーナビに関係する配線は、意外と多いものです。

ところが、モニターの後ろのスペースは狭い作りになっているので、全ての配線をスペースに納めるのは大変です。

しっかり配線を整理してモニターを設置しないと、他の部品に配線が挟まれたまま押し込んでしまうことがあります。

このようなことは、特に自分でバックカメラやカーナビを設置する時に気を付けておきたい。

挟まって潰れた配線は、内部で接触不良を起こし、信号が途切れてしまい、時々映ったり映らなかったりし、やがて完全にバックカメラが映らない原因になるのです。

電源系の配線が潰れたり折れたりすることで接触不良が起こると、車両火災の原因になるので十分に注意しておきたいところです。

モニターの後ろのスペース以外にも、本体とカメラまでは結構な距離があるので、その間にある配線はいろいろな場所を通っています。

バックカメラの配線を辿っていき、どこかで押しつぶされて断線していないかを確認していく必要があります。

車-バックカメラ-映らない-原因-モニター-曇り-ぼやける-カメラカバー-駐車-画像

コネクターの接触不良

コネクターとは、配線と配線、または配線と電気機器を繋ぐための部品で、このつなぎ目部分に接触不良が起こることがで、車のバックカメラが映らない場合があります。

この場合、コネクター部分の付け直しをするだけで回復するケースが多々あります。

後付けの部品の中には、コネクターの接触不良が多く見られるものもあるので、整備工場などで詳しいスタッフに後付け部品の評判を聞いてみたりして、下調べをしてから使った方が安心かもしれません。

特に後付けのカメラに、コネクターの接触不良が起こるケースが多く見られる傾向があります。

長い間使っているうちに、上手く信号が送られていなかったり、時々ぼやけることがあったりするものもあるので、やはり後付けの場合は、自分の車に合ったものを十分に下調べしてから購入すると良いでしょう。

 

カメラコントロールユニット故障

カメラで撮影された映像の情報は、カメラコントロールユニットを介してモニター映されています。

フロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラと複数のカメラから映像の情報を集めている場合、どれか1つの撮影情報が送られてこないと複数の映像合成ができないため、バックカメラが映らない原因になります。

たとえば、カメラコントロールユニットからフロントカメラとサイドカメラへの信号出力があるにもかかわらず、バックカメラだけが信号が送られてこないという状態は、このユニットが故障している可能性があります。

その場合、故障したカメラコントロールユニットを交換する必要があるのですが、このユニットの新品はそれなりに高額で、中古品はあまり出まわっていない。

運良く中古品が見付かれば、1番良いと思いますが、車種によっては見付けるのは困難な場合があります。

こんな時は、バックカメラに直接信号を送るように修理することで対処できる場合があります。

バックランプなどの近くの電源から電気をとるのですが、この時には必ず変圧する必要があります。

バックランプの電圧は12Vで、バックカメラの電圧は6Vなので、そのまま変圧せずに繋いでしまうと壊れてしまう可能性があるのです。

Sponsored Links

ヒューズ切れ

自動車の全て電気機器は、それぞれの機器が正常に作動するための電気の量が決まっています。

もしも、適した電気の量を超えて、たくさんの電気が流れ込んでしまうと、電気機器は壊れてしまいます。

そのようなことが起こらないために、ヒューズと呼ばれる安全装置を間に挟むことで、電気機器が壊れる前にヒューズが切れて電気が流れなくしているのです。

何らかの原因で、バックカメラに適正以上の電気が流れ込もうとした場合、事前にヒューズが切れて映らない状態になる場合があります。

通常は、1つのヒューズは複数の電気機器に繋がっているので、ヒューズ切れが起こった場合はバックカメラ以外の電気機器も同時に作動しない場合があります。

バックカメラに電気が流れていない原因としては、バッテリー上がりも考えられてますが、この場合はエンジンもかからない状態になるので、容易に原因が分かると思います。

合わせて読みたい
車のヒューズが切れる・飛ぶ原因
車-ヒューズが切れる-飛ぶ-原因-交換-種類-容量-電源取り出し-画像
昔の車は、はっきりとした原因がなくても、ヒューズの寿命のようなもので、突然ヒューズが切れるということがありました。現在は、ヒューズの新しい種類が登場し、性能も向上したため、何の原因もなく急にヒューズが飛ぶことはほとんどありません…

 

本体の故障

配線やコネクター、ヒューズなど、電気回路に異常がない場合は、本体が故障している可能性が考えられます。

当然ですが、モニター(本体)が故障している場合は、画面が真っ暗でバックカメラが映らない原因になります。

本体が故障した場合は、多くの場合が新しいものと交換になるのですが、純正以外の部品を取り付ける場合は、カメラとの相性が良いものを選ぶ必要があります。

車-バックカメラ-映らない-原因-モニター-曇り-ぼやける-カメラカバー-画面-画像

純正部品と後付け部品の相性が悪い

純正部品と後付け部品の相性が悪いことが原因で、車のバックカメラが映らない場合があります。

たとえば、何らかの原因でモニター(本体)は純正なのに、カメラは後付けという場合は、相性が悪いとモニター画面にノイズが入ったり、最悪の場合は全くバックカメラが映らないということがあります。

なかには、変換ケーブルを使うと上手く映るケースもあるのですが、しばらく経ってから調子が悪くなることも多々あります。

モニターやカメラに不具合があった場合は、できるだけ自分の車の純正部品を使うほうが良いのですが、純正は高額だったりして、モニターとカメラのどちらか一方を純正ではない部品に後付けすることがあります。

その場合は、整備工場などのスタッフに相性の良い部品について相談してから取り付けたほうが良い。

どうしても純正部品と後付け部品の相性が悪い場合は、モニターとカメラの両方を相性の良い後付け部品に変えてしまう対処法もあります。

車-バックカメラ-映らない-原因-モニター-曇り-ぼやける-カメラカバー-画像

モニターの曇りやぼやける時の原因

バックカメラで撮影した映像をモニターに映すと、ぼんやりと曇りが生じたり、映像がぼやけるなどの不具合が起こるケースがあります。

この場合の原因ついては、モニター自体の故障など、様々なことが考えられますが、意外と見落としがちなのが、バックカメラのカバーの曇りが原因で、モニターの画面がぼやけるという症状です。

バックカメラの構造はメーカーによって異なりますが、多く場合がカメラのレンズの外側に樹脂でできた透明のカバーがついています。

この樹脂製カバーの表面が劣化することで、まるで擦りガラスのようにぼやけることがあるのです。

その他にも、カメラのレンズとカバーの間に雨水が入り込んで、モニターに曇りがあるように見える場合もあります。

 
自動車のバックカメラが映らない原因については、今回の記事で紹介した内容以外にも、様々なことが考えられます。

モニターやカメラに不具合を感じた時は、整備工場などのスタッフに相談すると良いでしょう。

車の修理が必要になった場合、修理の値段は整備工場によって大きく違うことがあります。

いつも利用している整備工場が、実は高い値段で修理していたというケースも少なくありません。

そのため、複数の整備工場を比較検討することをお勧めします。

全国の車検店舗の検索はこちらです。 加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

車のバックカメラが映らない原因!モニターの曇りやぼやける時はカメラカバーをチェック!

Sponsored Links

おすすめの記事

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…

 

 

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…