車の鍵が開かない・回らない・抜けない原因は?スマートキーの電池切れやバッテリー上がりに注意!

車の鍵が開かない・回らない・抜けない原因は?スマートキーの電池切れやバッテリー上がりに注意!

自動車のドアの鍵が開かない、エンジン始動時に鍵が回らない、エンジンを停止した後に鍵が抜けないなど、様々な鍵のトラブルがあります。

スマートキーの電池切れが原因でドアの鍵が開かないのであれば、電池交換をするだけで解決できますが、ドアに何らか故障がある場合は修理が必要です。

Sponsored Links

車の鍵が回らない原因

車の鍵が回らない原因については、様々なことが考えられますが、ここでは代表的な原因についていくつか紹介します。

ハンドルロック

ハンドルロックとは、自動車の盗難対策のためにほとんどの車で標準装備されている機能です。

鍵穴に鍵を差し込んでいない状態で、ハンドルを回すとハンドルがロックされて一定範囲以上はまわらなくなります。

ハンドルロックがかかっている時に鍵を差し込んでも少ししか回らない状態になります。

ハンドルロックの解除方法は、鍵穴に鍵を差して軽く回しながらハンドルを左右に動かすと解除されます。

Sponsored Links

ギアが適切ではない

ギアが適切な位置にないと鍵は回りません。

AT車(オートマ車)の場合は「P」もしくは「N」の位置、MT車(マニュアル車)は「N」の位置にギアチェンジしないと鍵が回らない。

アクセサリーポジションまでは鍵が回りますが、エンジンは始動できません。

車-鍵が開かない-回らない-抜けない-原因-スマートキー-電池切れ-バッテリー-画像

ブレーキペダルを踏んでいない

ブレーキペダルを踏んでいないことが原因で鍵が回らないことがあります。

また、ブレーキペダルの踏み込みが弱いと鍵が回らずにエンジンが始動しないこともあるので、ブレーキペダルは強く踏み込むようにしましょう。

バッテリー上がり

バッテリーが上がってしまうことが原因で鍵が回らないケースがあります。

バッテリーが機能していないとエンジンも始動できません。

鍵穴の凍結

寒い冬場は、鍵穴まで凍結してしまうことがあります。

スマートキーの場合はキーレスエントリーでドアを開けることができますが、鍵穴に直接鍵を差し込む場合は、鍵が回らないのでドアを開けることができない場合あります。

凍結した状態で無理に鍵穴に鍵を差し込むとそのまま抜けないというケースもあるので注意が必要です。

鍵穴以外にも冬の寒い時期は、ドアのゴムの部分が凍結してくっついてしまってドアが開かないこともあります。

この場合は、無理にドアを開けようとするとゴムを傷めてしまうので、事前に十分に温める必要があります。

Sponsored Links

車の鍵が開かない原因

車のドアの鍵が開かない主な原因については、次のようなことが考えられます。

スマートキーの電池切れ

スマートキーを使用している場合は、電池切れが原因でドアが開かないことがあります。

スマートキーには、スイッチを押すと点灯する部分があります。

この部分が点灯しない場合は、スマートキーの電池切れ、もしくは何らかの故障が発生している可能性があります。

スマートキーの電池切れが原因でドアの鍵が開かない場合は、電池交換を行うことで解決できます。

スマートキーで使用されている電池は、コンビニやホームセンターなどで売っているボタン電池です。

まずはカバーを開けてボタン電池の品番を確認し、スマートキーに合った電池を交換すると良いでしょう。

電池交換方法はスマートキーによって異なるので、車の取扱説明書に記載されている内容を確認しておきましょう。

スマートキーの電池切れが原因でドアが開かない場合は、鍵をドアの鍵穴に直接差し込んで開けることができます。

車-鍵が開かない-回らない-抜けない-原因-スマートキー-電池切れ-バッテリー-自動キー-画像

バッテリー上がり

バッテリーが上がってしまったこと原因で、スマートキーに反応できずにドアの鍵が開かない場合があります。

この場合は、鍵をドアの鍵穴に直接差し込んで開けることができます。

エンジンをかけてみて始動しない場合はバッテリー上がりの可能性があります。

ただし、バッテリーが上がってエンジン始動できない状態でも、スマートキーに反応してドアが開くケースもあります。

半ドアの状態でロックされている

通常は、半ドアの状態でもドアを開けることが可能ですが、何らかの原因で半ドアの状態でロックがかかってしまうとドアの鍵が開かないことがあります。

半ドアの状態は、車のドア警告灯が点灯することで確認できます。

車-鍵が開かない-回らない-抜けない-原因-スマートキー-電池切れ-バッテリー-手画像

車の鍵が抜けない原因

エンジン停止時に鍵が抜けない、またはドアの鍵穴から鍵が抜けない時に考えられる代表的な原因について紹介します。

ギアが「P」に入っていない

AT車の場合は、エンジンを停止してからギアを「P」に入れないと鍵が抜けない構造になっています。

鍵が抜けないからといって、無理に鍵を回すと故障の原因になるので、まず落ち着いてギアの位置を確認しましょう。

鍵の抜くためのボタン

車種によっては、鍵穴の近くに「鍵を抜くためのボタン」が設置されている場合があります。

このボタンがある車種では、ボタンを押しながら鍵を回さないと抜けません。

ドアの鍵穴の故障

ドアの鍵穴が磨り減ったり、シリンダー内部に何らかの故障が発生したことが原因で、車のドアが開かないことがあります。

この場合は、無理に鍵を回すと鍵穴から抜けない状態になることもあるので注意が必要です。

鍵穴の故障が原因でドアが開かない場合は、新しいシリンダーに取り替える必要があります。

合わせて読みたい
エンジンがかからない原因
エンジンがかからない原因-ブレーキ硬い-バッテリーマーク-点灯-冬-寒い日-キュルキュルなる-車-かかりにくい-対処法-車内画像
ある日、突然、自動車のエンジンがかからないという経験はありません?
エンジンをかけようとしてもキュルキュルなるだけで、なかなかエンジン始動できない。こんな状況は、温度差のある冬の寒い日に起こりやすい。
または、ブレーキ硬いとエンジンがかかりにくいという意外な原因もあります…

 
自動車の鍵が開かない・回らない・抜けない原因については、今回の記事で紹介した内容以外にも様々ことが考えられます。

自分で解決できない場合は、ディーラーや整備工場などに相談すると良いでしょう。

車の修理の値段は、整備工場によって大きく違うことがあります。

いつも利用している整備工場が、実は高い値段で修理していたというケースも少なくありません。

そのため、複数の整備工場を比較検討することをお勧めします。

全国の車検店舗の検索はこちらです。 加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

車の鍵が開かない・回らない・抜けない原因は?スマートキーの電池切れやバッテリー上がりに注意!

Sponsored Links

おすすめの記事

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…

 

 

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…