車の足回りの異音(シャリシャリ・コトコト・カタカタ・ギシギシ)段差でサスペンションがきしむ原因について紹介!

車の足回りの異音(シャリシャリ・コトコト・カタカタ・ギシギシ)段差でサスペンションがきしむ原因について紹介!

自動車に発生する異音を文字にするのは難しいことですが、走行中の足回りに次のような異音が生じた場合は、早急に点検を行う必要があります。

「シャリシャリ」「キーキー」「キュルキュル」など、足回りで何かが擦れているような異音。

「ギシギシ」「キュルキュル」など、足回りで何かがきしむような異音。

「コトコト」「カタカタ」など、足回りの振動により、何かがぶつかるような異音。

「ゴゴゴ」「ゴロゴロゴロ」といった異音が続く。

今回の記事では、走行中の車の足回りから発生する異音の原因について紹介します。

Sponsored Links

車の足回りに「シャリシャリ」擦れる異音の原因

車の走行中に足回りから「シャリシャリ」「キーキー」「キュルキュル」など、何かが擦れているような異音が発生した場合、次のような原因が考えられます。

ブレーキパッドの残量不足

自動車のブレーキパッドとは、ブレーキシステムを構成する部品のひとつで、簡単に説明すると、走行中の足回りの回転をブレーキパッドで押さえつけることで、車はブレーキがかかり停車します。

ブレーキパッドは、摩擦よって消耗していくので、定期的な交換が必要です。

Sponsored Links

ブレーキパッドの残量が不足すると、「シャリシャリ」「キーキー」「キュルキュル」など、摩擦による異音が発生するケースがあります。

また、新しくブレーキパッドを交換した時に、ブレーキパッドで押さえつける角度が悪いことが原因で「キーキー」といった異音が起こることもあります。

車-足回りから異音-シャリシャリ-コトコト-カタカタ-ギシギシ-段差-サスペンション-きしむ-原因-ブレーキ-画像

ブレーキキャリパーの故障

ブレーキキャリパーとは、ブレーキシステムを構成する部品のひとつで、ブレーキパッドをブレーキローターに押さえつける働きがあります。

タイヤの回転と一緒に回転しているブレーキローターに、ブレーキキャリパーの力でブレーキパッドを押し付けることで車は停車します。

ブレーキキャリパーには大きな力がかかるため、ブレーキキャリパーを構成する金属板などの部品が曲がって、周辺の部品に接触してしまうケースがあります。

このような場合は、「シャリシャリ」「キーキー」「キュルキュル」など、部品が擦れるような異音が発生する恐れがあります。

最も注意したいのが、ブレーキキャリパーがロックしてしまい、常にブレーキがかかっている状態です。

ブレーキキャリパーの部品の錆び付きなどが原因で、ブレーキがかかった状態で固定されてしまうことがあります。

この状態が続くと、ブレーキパッドの残量がどんどん減っていき、ブレーキシステム自体を傷付けてしまい、最終的にはブレーキのオーバーホールが必要になってしまうこともあります。

タイヤやホイールのサイズが合っていない

車体にタイヤやホイールのサイズが合っていない場合は、サスペンションやブレーキキャリパーなどの足回りを構成する部品に接触している可能性があります。

車体とホイールが適切な距離でセットされていないと、その他の部品に接触する可能性もあります。

車の走行中に足回りの部品に接触すると「シャリシャリ」「キュルキュル」といった異音が発生するばかりか、重要な部品を破損してしまう恐れがあります。

Sponsored Links

車の足回りに「ギシギシ」きしむ異音の原因

車の足回りに「ギシギシ」「キュルキュル」といった、何かがきしむような異音が発生した場合は、次のような原因が考えられます。

アッパーマウントの劣化

自動車の足回りに組み込まれているサスペンションは、走行中に路面から衝撃を吸収する役割があります。

このサスペンションと車体を繋いでいる部品がアッパーマウントです。

アッパーマウントは緩衝効果があるゴムできていて、走行中に段差などから受ける衝撃を和らげる役割があります。

ゴム製のアッパーマウントが経年劣化すると、路面からの衝撃に耐えられずに「ギシギシ」ときしむような異音が発生することがあります。

路面からの衝撃を吸収しきれないため、乗り心地も悪くなります。

サスペンションに関係する部品が原因で起こる異音は、「ギシギシ」ときしむ音と、「コトコト」「カタカタ」と揺れてぶつかる音の両方を伴う場合があります。

アッパーマウントは消耗品なので、異音や乗り心地の悪化などの不具合を感じたら、早めに交換する必要があります。

車-足回りから異音-シャリシャリ-コトコト-カタカタ-ギシギシ-段差-サスペンション-きしむ-原因-足回り-画像

ホイールナットがしっかり締まっていない

ブレーキベダルを踏み込んだ時に、足回りに「ギシギシ」「キュルキュル」ときしむような異音がした場合は、ホイール周辺に原因があるかもしれません。

車体にタイヤを取り付ける時に、ホイールナットがしっかり締まっていない場合は、取り付け面が密着していないため、足回りがきしむような「ギシギシ」という異音が発生するケースがあります。

この状態を放置してしまうと、ホイールナットがもっと緩んでしまい、「コトコト」「ゴトゴト」とホイールが安定せずにぶつかる音が発生します。

ホイールナットが緩んだ状態で走行すると、脱輪の恐れがあるのでとても危険です。

車の足回りに「コトコト」「カタカタ」揺れてぶつかる異音の原因

車の走行中に、段差などを乗り越える時に、足回りに「コトコト」「カタカタ」と、何かがぶつかるような異音が発生した場合は、次のような原因が考えられます。

アッパーマウントの緩み

アッパーマウントは、サスペンションと車体を繋いでいる緩衝用の部品ですが、このアッパーマウント固定しているナットやボルトが緩むことで、「コトコト」「カタカタ」といった部品がぶつかるような異音が発生することがあります。

アッパーマウントは、段差などによる地面からの衝撃を吸収する部品なので、アッパーマウントが機能していない場合は、乗り心地が悪化する原因になります。

車-足回りから異音-シャリシャリ-コトコト-カタカタ-ギシギシ-段差-サスペンション-きしむ-原因-画像

ショックアブソーバーのオイル漏れ

自動車の足回りに組み込まれているサスペンションは、主にスプリングとショックアブソーバーという部品から構成されています。

スプリングは、走行中に地面から受ける衝撃を吸収する役割があります。

ショックアブソーバーは、衝撃を受けて伸びたり縮んだりを繰り返すスプリングを瞬時に安定させる役割があります。

ショックアブソーバーの内部には専用のオイルが充満していて、その中をピストンが上下運動することで衝撃を吸収しています。

このオイルが漏れることで、ショックアブソーバーが正常に機能しない場合があります。

ショックアブソーバーのオイル不足により、路面からの衝撃を吸収する働きがなくなると、サスペンションのスプリングが弾んだままになり、段差のあるところを走行すると、「コトコト」「カタカタ」と足回りに部品がぶつかるような異音が発生することがあります。

走行中にいつまでも車体が上下運動するので、乗り心地が悪くなります。

車の足回りに「ゴゴゴ」「ゴロゴロゴロ」継続的に異音がする原因

 

ハブベアリングの劣化

車の走行中に足回りから「ゴゴゴ」「ゴロゴロゴロ」といった異音が続く場合は、ハブベアリングに何らかの異常が起こっている可能性があります。

ハブベアリングとは、車の走行を滑らかにするために車輪の中心の軸に組み込まれている部品です。

この部品が経年劣化したり、潤滑不足によって破損すると、「ゴロゴロゴロ」といった継続的な異音が発生します。

特に前輪駆動のFF車の場合は、駆動と旋回を同じ軸で行っているので、ハブベアリングに負担がかかり劣化しやすいと言われています。

合わせて読みたい
車のベアリングの異音
車-ベアリング-異音-交換費用-寿命-故障-放置-画像
自動車のいろいろな部分にベアリングは使われていますが、足回りに使用されているベアリングのことを「ハブベアリング」と言います。
この部分に何らかの故障が発生すると、走行中の異音や振動の原因になります。自動車のハブベアリングの寿命や交換費用、さらには故障を放置してしまうと最終的にどうなってしまうのか…

 
車の足回りに発生する異音(シャリシャリ・コトコト・カタカタ・ギシギシ)の原因については、今回の記事で紹介した内容以外にも、様々なことが考えられます。

足回りの不具合は、走行中に危険を伴う可能性があるので、大事に至る前に点検が必要です。

車の足回りに異常を感じたら、整備工場などで点検・修理を行うようにしましょう。

車の修理の値段は、整備工場によって大きく違うことがあります。

いつも利用している整備工場が、実は高い値段で修理していたというケースも少なくありません。

そのため、複数の整備工場を比較検討することをお勧めします。

全国の整備工場の検索はこちらです。
【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

車の足回りの異音(シャリシャリ・コトコト・カタカタ・ギシギシ)段差でサスペンションがきしむ原因について紹介!

Sponsored Links

おすすめの記事

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…

 

 

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…

 
Sponsored Links