EV(電気自動車)を自宅で充電する前に知っておきたい事

今回は、EV(電気自動車)を自宅で充電する際の基礎知識を紹介します。自宅に充電環境を整えるための工事についてや、EV車と電源を繋ぐ充電ケーブルについてなど、事前に知っておきたい基本的なことを分かりやすい解説していきます。

Sponsored Links

EV(電気自動車)を自宅で充電する際の基礎知識

ev,電気自動車,自宅,充電,画像自宅でEV(電気自動車)を充電する時は、200Vの電圧で充電するのが一般的です。専用プラグを持っていれば100Vでも充電は可能なのですが、電圧が高い方が充電効率が良いわけです。

しかし、家庭用の電圧は一般的に100Vなので、200Vを使用するためには、200Vのコンセントを設置するための工事をする必要があります。(比較的新しい住宅では、もともと200Vのコンセントが備わっている場合もあります。)

充電コンセントの工事は、電気業者に依頼することになります。工事は、自宅のブレーカーから家の外壁まで配線を引っ張ってきて、EV車を充電したい場所の近くに200Vのコンセントを設置するという内容です。

Sponsored Links

工事の費用は、依頼する業者により大きく異なります。良心的な業者であれば3万円前後でやってくれるところもあります。

実は、使用するコンセントの代金は5千円程度で、工事費のほとんどが工事技術料になります。中には驚くほど技術料が高い業者もあります。

電気自動車業界は先行ビジネスなので、EV車の普及が不安定な時期は、業者がどうしても高額に設定しがちです。充電コンセントの工事は、事前に見積書を確認して、より良い業者に依頼することが大切です。

100Vコンセントでも使える充電ケーブル

自宅でEV(電気自動車)を充電する時は、なぜ200Vのコンセント工事が必要なのでしょうか?その理由は、100Vと200Vの電圧の違いはもちろんですが、100Vのコンセントと200Vのコンセントでは、差込口の形が違うから使えないのです。

それでも、EV車を100Vで充電できないわけではありません。100Vのコンセントに差し込める100V専用の充電プラグを使用すれば充電できます。

Sponsored Links

この商品は、使用電圧範囲は100~240Vで、100V専用プラグと200V専用プラグが交換できるという便利な充電ケーブルです。(ただし、テスラ用の変換プラグは別途購入が必要です。)

さらに、8A/10A/13A/16Aでアンペア変更ができて、電流調節することで充電スピードを変えることができます。

100Vと比べて200Vの方が充電効率は良いですが、自宅の充電環境や、日本各地の充電設備が整っていない状況を考えると、100Vと200Vが併用できる充電ケーブルがあると心強いです。

全国の車検店舗の検索はこちらです。 【楽天Car車検】予約&実施で最大2500ポイント! 郵便番号から検索・比較!

Sponsored Links

おすすめの記事

車のスピーカーからノイズや音割れの原因

車用トランスミッターおすすめ!ノイズが少なく使い方が簡単なのはコレ!

子供の乗車定員の数え方!人数計算は大人とは違う!

充電式ブロワーで洗車や落ち葉掃除が楽になる!

車のプッシュスタートがかからない!スイッチを押してもエンジン始動しない時の原因とは?

電装系カー用品
車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…
車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…

Sponsored Links

\ よろしければシェアお願いします /
車メンテ