バッテリー交換後の不具合!アイドリングストップ車の注意点!エンストしてエンジンがかからないことも!

整備工場などでプロのスタッフにバッテリー交換を依頼した場合は問題ないのですが、自分で車のバッテリー交換をした後にエンジンに不具合が起こるということがあります。

比較的古い車の場合はエンジンに関係する部品が故障している可能性も考えられますが、新しい車では故障の可能性は低いので、バッテリーを交換する作業自体に問題があると考えられます。アイドリングストップするエコカーなど、最近の車の場合は、ただ新しいバッテリーに交換するだけではなく設定もしなくてはいけないので、自分でバッテリーを交換して不具合が起こるというケースがあるようです。

Sponsored Links

バッテリー交換後の不具合

バッテリー交換後-不具合-アイドリングストップ-車-エンスト-かからない-バッテリー-画像やや古い車種では、バッテリー交換後に時計がリセットされてしまう程度で済みますが、最近の車はコンピューターで電子制御されているので、バッテリー交換時に一時的でも電流が途絶えてしまうと、コンピューターがリセットされてしまい車に様々な不具合が生じます。

その症状は車種の仕様によって異なりますが、バッテリー交換後の不具合で最も多いのがエンジンの不調です。アイドリングストップするエコカーが、信号待ちなどでアイドリングストップしないという症状があらわれたり、通常車でも突然エンストしてエンジンがかからないという状態に陥ることもあります。

Sponsored Links

バッテリー交換後にアイドリングストップしない

バッテリー交換後-不具合-アイドリングストップ-車-エンスト-かからない-画像アイドリングストップするエコカーは、通常車とは違ってアイドリングストップ車専用のバッテリーを交換します。そして、車種によって決められた作業をしないとエコアイドル警告灯(ダイハツではエコアイドル eco IDLEという名称です。)が点滅したり、アイドリングストップしないなどの不具合が起こるので注意が必要です。

エコアイドル警告灯を消すためには、エンジンコントロールユニットに関係するヒューズと、バックアップに関係するヒューズを抜き取ることでリセットされます。これは同じ自動車メーカーでも車種によって抜き取るヒューズが異なることがあるので、整備工場などにバッテリー交換を依頼した方が安心です。

エンジンコントロールユニット(engine control unitまたはECU)とは、エンジンの運転を総合的に制御するコンピューターです。車を人間の体に例えると、エンジンが心臓で、エンジンコントロールユニットが脳です。そんな重要な部品の不調でコントロールができなくなると、車のエンジンに様々な不具合が起こるわけです。

バックアップに関するヒューズを抜き取ると、時計などのメモリーがリセットされるので、再び直す必要があります。車種によってはエコアイドル警告灯の点滅を消すために、一度バックアップヒューズを抜く必要があります。

Sponsored Links

バッテリー交換後にエンスト!エンジンがかからない

バッテリー交換後-不具合-アイドリングストップ-車-エンスト-かからない-エンジンルーム-画像車のエンジンに空気を取り込むためのスロットルというものがあります。この部分に不具合が起こることによりエンジン不調が生じるということあります。最近の車はスロットルもエンジンコントロールユニットで電子制御されています。

バッテリーを交換した際にこの部分がリセットされてしまい、そのままだとアイドリングが不安定になり、最終的にはエンストしてエンジンがかからないという事態に陥ることがあります。エンジンに不調を感じたい時にすぐに整備工場などで点検を受ければ対処できることなので、エンジンがかからない状態になるまで悪くなるというケースは希ですが、エンストしてしまうくらい不具合が起こることは有り得ます。

アイドリングストップするエコカーではなく、比較的古い車でバッテリー交換後にエンジンがかからない場合は、エンジンに関係する部品または電装系などに何らかの故障が起きている可能性も考えられます。

アイドリングストップするエコカーのバッテリー交換作業は、車種よって注意しなくてはいけないことがいくつかあります。これは各自動車メーカーによって仕様が異なるため、必ずしもバッテリー交換の時にヒューズを抜き取ってリセットすれば良いというわけではありません。これはダイハツのエコアイドル警告灯の点滅を消す方法です。

きちんと決められた交換方法で行わないと、車種によってはバッテリーを交換後にエンジンに不具合を起こすこともあるので、できればバッテリーが使えなくなる前に整備工場などで点検を行って、必要であればバッテリー交換と設定を依頼するのが望ましい。

今回はアイドリングストップ車のバッテリー交換後の不具合について紹介しましたが、今回紹介した記事の内容以外にもエンジンに不具合が生じる原因については様々なことが考えられます。エンジンの不調を感じたらできるだけ早く整備工場などで点検を受けるようにしましょう。

車の修理・点検の値段は、整備工場によって大きく違うことがあります。

いつも利用している整備工場が、実は高い値段で修理していたというケースも少なくありません。

そのため、複数の整備工場を比較検討することをお勧めします。

全国の整備工場の検索はこちらです。
【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

Sponsored Links

おすすめの記事

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…

 

 

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…

 
Sponsored Links