黒の車の手入れ方法!洗車傷の原因は?コーティングのメリット・デメリットとは?

高級感が漂う黒色の車は見た目が良いですが、他の色の車と比べると汚れや水垢、傷などが目立ちという欠点があります。

洗車中につけた細かい傷でも目立ってしまうため、普段の手入れ方法に気を付ける必要があります。

今回の記事では、黒色の車の手入れ方法の注意点や、ガラスコーティングのメリット・デメリットなどを紹介します。

記事の後半では、ガラスコーティング施工の内容や料金の目安について書いているので、愛車のコーティングをお考えの方は是非ご覧ください。

Sponsored Links

洗車するタイミング

黒色の車に限らず、他の色の車の手入れ方法でも言えることですが、炎天下で直射日光を受けながら洗車することはNGです。

太陽の強い光を受けると、車のボディが熱をもち、カーシャンプーの水分が急激に蒸発してシミができる原因になります。ワックス入りのカーシャンプーはムラができると、そのままシミになって残ることがあるので、直射日光による急激な蒸発は避けるようにしましょう。

特に、黒色の車は太陽光の熱を吸収しやすいため、短時間で水分が蒸発する可能性が高いので注意が必要です。

黒の車を洗車するタイミングは、昼間など強い日差しの時間帯は避け、朝方や夕方、または曇りの日などに行うと良いでしょう。

Sponsored Links

黒の車は洗車傷に要注意!

黒色の車のボディにできた傷は、光に反射するととても目立つものです。ボディにできた細かい傷は洗車中にできることが多い。洗車中に傷をつけないようにするのが手入れ方法のポイントになります。

洗車傷ができる主な原因は、洗車に使用するタオルやスポンジです。乾いたタオルをそのまま使ったり、硬いスポンジを使うと、洗車中に傷をつける原因になります。

黒-車-手入れ方法-洗車-傷-原因-コーティング-画像

特に注意したいのが、カーシャンプーで洗った後に、タオルを使って水気を取っていく作業です。拭き取る時に乾いたタオルでは繊維が車の表面に擦れて傷になることがあります。使用するタオルは繊維が柔らかいものを選び、タオルを使用する前に適度に湿らせてから水気を拭き取っていくようにしましょう。

また、使用するカーシャンプーやワックスは、研磨剤が入っていないものを選ぶようにしましょう。特にワックスには研磨剤入りのものがあるので注意が必要です。

黒の車は、乾いた泥汚れなどの白っぽい汚れが目立つので、きれいに保つためには頻繁に洗車することが大切です。ただし、洗い過ぎはボディに傷をつけるリスクが高まります。柔らかい素材のタオルやスポンジを使って丁寧に洗車することを心掛けましょう。

Sponsored Links

ガラスコーティングとは

黒の車を傷や汚れから守るために、ボディの表面をコーティングするという手入れ方法もあります。

コーティングと言うと、以前はポリマー系のコーティングでしたが、現在はガラスコーティングが主流になっています。ガラスコーティングとは、車のボディの表面をガラス質の膜で覆うことで塗装の劣化や傷付きなどから守るための施工です。

自動車の塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3層塗装が基本です。その上から初期のコーティングとしてクリア塗装が施されています。さらにその上からガラス質の被膜を施すのがガラスコーティングです。

黒-車-手入れ方法-傷-原因-コーティング-洗車-画像

ガラスコーティングのメリット・デメリット

ガラスコーティングをすることで、車のボディに傷がつきにくくなったり、塗装のツヤを保つことができます。また、車の表面に汚れがつきにくくなるので、洗車する手間が減るというメリットがあります。

洗車の回数が減るということは、洗車中に傷をつけてしまうリスクも軽減できると言えます。従来のポリマー系と比べて、ガラスコーティングの方が効果が持続する時間は長いという特徴があります。

ボディに傷や汚れがつきにくく、ツヤを保つことができる、洗車の回数が減って手入れ方法が楽になる、などのメリットがある一方、デメリットもあります。

ガラスコーティングは、とても施工に手間がかかるため、料金が5万円~10万円程度で、やや高額になるというデメリットがあります。

ガラスコーティングの施工は、ただコーティング剤を塗れば良いというものではなく、しっかり洗車して細かい汚れまで落とした後に、脱脂作業をしてコーティングが定着するように下地を作って、塗装されていない余計な場所まで塗らないようにマスキングを行ってからガラスコーティング剤を塗るので、とにかく手間がかかります。

下地を作るまでの作業をしっかりやらないと、ガラスコーティング剤の間にホコリや鉄粉など入り込んでしまうので、特に神経を使います。

このように手間のかかる作業なので、施工を依頼してその日うちに出来上がるというわけではありません。作業後ガラスコーティング剤の硬化のために1日乾燥させることもあります。

ガラスコーティングの効果を保つためには、整備工場などで定期的にメンテナンスが必要です。特に黒の車のガラスコーティングは、施工を行ったところの技術力によって仕上がりに差が出ることがあります。黒いボディは鏡のように映り込むので、ガラスコーティング剤にムラがあると影響しやすい。依頼する整備工場選びも慎重に行うと良いでしょう。

ガラスコーティング施工料金は、依頼する整備工場によって5万円~10万円程度とバラつきがあります。そのため、事前に複数の整備工場を比較検討することをお勧めします。

全国の整備工場の検索はこちらです。
【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

Sponsored Links

おすすめの記事

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…

 

 

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…

 
Sponsored Links