冬の朝にフロントガラスが凍結していて、すぐに車が使えないという場面はよくあることです。凍ったガラスには、解凍スプレーやぬるま湯をかけるなどして対応できますが、そもそも、事前にフロントガラスの凍結を防止することができたら良いわけです。

そこで、今回の記事では、おすすめのフロントガラス凍結防止カバーを紹介します。凍結防止カバーは、事前にフロントガラス部分にカバーをかけておくことで、ガラスの凍結を防止するというアイテムです。

Sponsored Links  

フロントガラスの凍結防止カバーのおすすめはコレ!

QcoQceカーフロントカバー 車サンシェード 防水 雪対策 凍結防止カバー日よけ 遮光断熱 四季用 厚手 SUV車/軽自動車に適用

「QcoQce カーフロントカバー」は、凍結防止と日除けの両方を兼ねたフロントカバーです。フロントガラスの凍結防止カバーは、各メーカーから様々な商品が販売されていますが、カバーの価格は1,000~2,000円くらいが目安です。カバーの構造は、どのメーカーもほとんど同じで、表面に日光を反射するアルミ素材が使われていて、カバー内部には保温性が高いコットン素材が使われています。より高額な商品は、良質な素材で層になっていて、カバーに厚みがあります。

Sponsored Links

おすすめポイント

「QcoQce カーフロントカバー」をおすすめする最大のポイントは、フロントガラスだけではなく、両サイドミラーにもカバーがつけられるということです。

冬の寒い朝にフロントガラスの凍結をとって、いざ出発しようとした時にサイドミラーの凍結に気付くという経験がありませんか?フロントガラスの凍結は気を付けていても、サイドミラーの凍結は見落としがちです。そんなことがないように事前に両サイドミラーにもカバーをかけておけば凍結を防止することができます。

Sponsored Links

各メーカーでフロントカバーはいろいろな商品が販売されていますが、フロントガラスと両サイドミラーを両方をカバーできる商品は意外と少ないです。ですから、「QcoQce カーフロントカバー」は他の商品と比べてとても便利な商品と言えます。

その他にも、カバーが強風に飛ばされないように磁石が内臓されていたり、盗難防止の固定機能が備わっています。これらは他のメーカーの商品にも完備された機能です。

フロントガラス-凍結防止カバー-おすすめ-画像

「QcoQce カーフロントカバー」は、2種類のサイズがあります。購入前に自分の車のフロントガラスのサイズを確認しておきましょう。

120cm×147cm(コンパクトカー・セダン・小型SUV)
126cm×157cm(ステーションワゴン・トラック・ミニバン)

コンパクトカーとステーションワゴンでは、フロントガラスのサイズが5cm~10cm程度の差があります。「QcoQce カーフロントカバー」は、両サイドミラーにもカバーを付けるので、自分の車とのサイズをしっかり合わせておきましょう。

 
全国の整備工場の検索はこちらです。
【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

Sponsored Links

おすすめの記事

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…

 

 

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…

 
Sponsored Links

Sponsored Links