オートマ車ギアチェンジしない!タイミングに違和感!ATミッションが滑る原因とは?

オートマ(AT)車のミッションは、比較的故障が少ない部品ではあるが、走行距離が15万㎞以上など長年にわたり乗り続けていると故障が発生することがあります。

経年劣化により、ミッション内部の部品の摩耗や破損などが生じると、ギアチェンジのタイミングに違和感があったり、走行中になかなかギアチェンジしないといった症状があらわれるようになります。

今回の記事は、オートマ車のギア(オートマチックトランスミッション)の故障の症状や原因について紹介します。

Sponsored Links

オートマ車がギアチェンジしない原因

オートマ車のギアが故障する原因は様々なことが考えられますが、主な原因として「ギアの経年劣化」と「オートマオイル(ATF)の不具合」の2つが挙げられます。

車のギアは走行中にギアチェンジを繰り返すものなので、故障が起こりにくいように丈夫にできていますが、走行距離が10万㎞、15万㎞と増えていくと内部が摩耗して故障を引き起こすことがあります。

急発進や急ブレーキを繰り返すような運転をしていると、ギア内部に負担がかかることでスムーズにギアチェンジしない場合もあります。

Sponsored Links

普段からキックダウンを頻繁に行うような運転をしていると、それだけギアに負担がかかり、やがては経年劣化を早めてしまうことになりかねない。

また、ギアに使用しているオートマチックトランスミッションフルード(ATF)に何らかの不具合が起きた場合は、ギアが故障する原因になります。

オートマチックトランスミッションフルード(ATF)とは、ギア内部の部品を円滑に動かすための潤滑油です。フルードとは流体のことを言います。一般的にはオートマオイルと呼ぶこともあります。

オートマオイルが漏れ出していたり、誤って不適切なオイルと交換してしまったりすると、ギアの故障を引き起こします。

オートマ-ギアチェンジしない-タイミング-違和感-ATミッション-滑る-原因-運転-画像

オートマ車のギアが故障した時の症状

以下の症状がある場合は、できるだけ早めに整備工場などで点検を受けて、必要に応じて修理する必要があります。

加速が鈍い

オートマ車のギアが故障すると、走行中にスムーズにギアチェンジしない状態になるので、加速もスムーズにできずになかなかスピードが出ないという症状があらわれます。

異臭が発生する

オートマオイル漏れが生じると、ギア内部の部品がぶつかり合い高温になります。するとオイルが焦げて異臭が発生することがあります。

振動が起こる

ギア内部の部品がぶつかり合い破損すると、その破片が内部の部品の間に挟まり、ギアチェンジをする時にガタガタと振動が起こることがあります。

燃費が悪くなる

ギアに不具合があると本来の性能を発揮できません。そのため無駄なエネルギーを消費するので、燃費が悪化する原因になります。

Sponsored Links

ギアが滑る原因

オートマ車のギア(オートマチックトランスミッション)の内部には、トルクコンバーターと言う動力伝達機がオートマオイルの力を利用して、エンジン動力を駆動輪に伝える働きをしています。

その働きを簡単に説明すると、ギアの内部はエンジン側と駆動輪側に動力を伝えるプロペラがあって、その間はオートマオイルで満たされています。エンジン動力によりエンジン側のプロペラが回転すると、オートマオイルを介して駆動輪側のプロペラに動力が伝わり回り出します。このシステム全体がトルクコンバーターです。

エンジン側のプロペラが回転しても、何らかの原因で駆動輪側に動力が十分に伝われない状態を、ギアが滑ると言います。

ギア内部の部品が摩耗したり破損していると、動力が十分に伝わらない原因になります。また、オートマオイル漏れや不適切なオイル交換などが原因でも、エンジン動力が十分に伝わらないのでギアが滑る原因になります。

ギアが滑る原因として最も多いのは、経年劣化によりギア内部の部品が破損しているケースです。特に動力を伝えるプロペラ部分が欠けていると、いくら回転しても動力が伝わらない。

また、ギア内部の部品が擦れて鉄粉がオートマオイルに混入すると、他の部品の隙間に入り込みさらに故障を引き起こす恐れがあります。オートマオイルの交換時期は、走行距離2万㎞に1回を目安に交換するのが一般的です。

合わせて読みたい
オートマオイルの交換の必要性
オートマオイル-交換-必要性-交換時期-費用-目安-ギア-画像自動車メーカーが推奨するオートマオイル(ATF)の交換時期は、車種によって様々です。
そもそも車のオートマオイルは、それほど頻繁に交換するものではないので、交換の必要性について疑問に思うこともあるかもしれません。
しかし、オートマオイルの働きは、トランスミッションと密接に関係しているため…

オートマ-ギアチェンジしない-タイミング-違和感-ATミッション-滑る-原因-画像

オートマ車のギアが故障してしまったら

AT車のギアが故障した場合は、ギアの滑りの程度や故障の原因によって対処法が異なりますが、故障してしまった場合はギア全体を交換することが多い。

場合によってはギア内部をオーバーホールするよりも、中古のギアを購入して全体を交換した方が安く済むこともあります。

ギアに異変が起きている状態で、オートマオイルを安易に交換すると症状が悪化するケースもあるので注意が必要です。

オートマ車のギアが故障してしまったら、まずは整備工場などで点検・修理を行うようにしましょう。

車の交換修理の値段は、整備工場によって大きく違うことがあります。

いつも利用している整備工場が、実は高い値段で修理していたというケースも少なくありません。

そのため、複数の整備工場を比較検討することをお勧めします。

全国の車検店舗の検索はこちらです。 加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

Sponsored Links

おすすめの記事

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…

 

 

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…