車のカバーは塗装を傷つけない裏起毛タイプがおすすめ!

自動車のカバー選びで意外と盲点になっているのが、カバーと裏面が車のボディと擦れて傷がつくことです。

このことを考慮すると、車のカバーは塗装が傷つけない裏起毛タイプを選んでおいた方が無難だと言えます。

車の塗装は、様々な外的要因にさらされて、日々劣化していきます。

それらの対策としてカバーが必要になりますが、まずは車の塗装に問題が起こる原因について確認していきましょう。

Sponsored Links

塗装の剥がれ・ひび割れ・劣化の原因

車を10年以上乗り続けると、酸性雨や紫外線、鳥のフンなどの影響で、塗装の表面に化学反応が起こり、塗装の劣化や剥がれ、ひび割れなど引き起こすことがあります。

車を保管する時は、屋根のある駐車場を利用したり、車体にカバーをかけるなど、対策をすると良いでしょう。

車の塗装を長持ちさせるためには、いかに上塗りのクリア層を保つかがポイントです。

紫外線を浴び続けると塗装を保護しているクリア層が破壊されます。すると紫外線が塗装部分に直接届くようになり、塗料の分子結合が壊れて白い粉になってしまう。この現象を「チョーキング現象」と言います。

Sponsored Links

その状態を放置してしまうと、やがては塗装がひび割れて剥がれてしまう恐れがあります。

紫外線の他にも、鳥のフンの付着や鉄粉、黄砂など、様々な外的要因によって車の塗装が劣化することがあります。

特に気を付けてたいのが鳥のフンです。鳥のフンは酸性の消化液が主成分なため、車のボディに付着したまま放置すると、科学反応を起こして塗装を溶かしてしまう恐れがあります。鳥のフンが付着した場合は速やかに拭き取って洗い流しましょう。

意外と知られていないのが、頻繁に洗車することが原因で車の塗装が劣化することがあります。

洗車は晴れた日にすることが多いですが、洗車した後にボディについた水分をしっかりと拭き取らないで放置すると、残った水分がレンズと同じような効果になり、太陽の光を吸収して塗装の色褪せを進行させてしまうことがあります。

車-カバー-塗装-傷つけない-裏起毛タイプ-おすすめ-錆びた-画像

屋根付き駐車場だから安心というわけではない

いつも利用している駐車場が屋根付きだったとしても、車を駐車する向きが東西南北のどの向きで駐車しているかによって、直射日光を受けて塗装の劣化が進んでしまうことがあります。

気を付けたのは、「東向き」または「西向き」で駐車している場合です。

東向きで駐車している場合は、朝日が差し込んでくるので、車の上に屋根があったとしても車のフロント部分に直射日光が当たります。朝日は角度があるので、車の上にある屋根ではカバーできないのです。

西向きで駐車している場合は、角度のある夕日が差し込んでくるので、西日が直接フロント部分に当たります。朝日と同様の理由で屋根だけではカバーできません。

車を駐車場に駐車する時は、バックで入れることが多いので、フロント部分が最も日差しが当たりやすい駐車場の外側に位置することが多い。

Sponsored Links

そもそも車のフロント部分は最も塗装が劣化しやすい部分です。走行中の飛び石や空気抵抗は車のフロント部分に受けることが多いので、塗装の上にあるクリア層も壊れやすい。

朝日や夕日の光は、正午の太陽光に比べると、それほど強くはありませんが、クリア層が壊れたフロントの塗装部分に定期的に紫外線が当たれば、塗装が劣化してしまいます。

車の塗装の剥がれやひび割れ状態を、車のフロント部分(ボンネットなど)に多く見られるのは、これらの原因が影響していると考えられます。

ですから、朝日や夕日が直接当たるような駐車状況の場合は、たとえ屋根付きの駐車場であっても、車のフロント部分を覆うことができるカバーを使用するのが望ましい。

合わせて読みたい
車の傷・へこみを自分で直す
車-傷-へこみ-自分で直す-コンパウンド-吸盤-修理-方法-画像
自動車に傷やへこみができてしまった場合、誰でも真っ先に考えるのが、なんとか目立たないくらいに自分で直せないだろうか、ということではないでしょうか。
そんな時に重要になってくるのが、どの程度までなら自分で直せるのかという見極めです…

車-カバー-塗装-傷つけない-裏起毛タイプ-おすすめ-色落ち-画像

カバー選びの注意点

車のカバーはいろいろな種類があり値段も様々ですが、お勧めしたいのが「裏起毛タイプ」です。

実は車にカバーをかけているにもかかわらず、塗装に傷がついてしまうということがあります。

風が強い日はカバーが風であおられて、車の表面とカバーが擦れて傷になってしまうケースが多い。

そのような事態が起こらないためにも、カバーの裏面が柔らかい素材になっている裏起毛タイプの車カバーを使用する方が望ましい。

通常のタイプと比べて裏起毛タイプは値段が高い(約1,000円ほど高額)ですが、車のボディを守るためにカバーをかけているのに、そのカバーが傷の原因になってしまうのは困ります。

特に、台風対策として車のカバーを購入するのであれば、風の影響を受けやすいので、塗装が傷つかない裏起毛タイプを選んでおいたほうが無難です。

車-カバー-塗装-傷つけない-裏起毛タイプ-おすすめ-駐車場-画像

塗装が傷つかない裏起毛タイプのカバー

塗装が傷つかない裏起毛タイプのカバーは、通常タイプよりも若干高額で、商品にもよりますが5,000円前後が目安です。

カバーの色は紫外線を反射できるシルバー色を選んでおくのが無難です。車の塗装の劣化を招く原因は(鳥のフン・酸性雨・霜・黄砂・積雪・落ち葉)などが挙げられます。これらから車を守るためにはしっかりとした素材でできたカバーを選ぶ必要があります。

ですから、手軽な値段だからといって、一層構造のペラペラのカバーは避けた方が良いでしょう。複数の層からできているカバー力の強い商品を選んだ方が賢明です。

車のカバーを選ぶポイントは、「裏起毛タイプ」「多層構造」「強風防止のベルト」の3つです。

強風にあおられても塗装が傷つかない裏起毛タイプであること、カバー力の強い多層構造であること、風によるばたつき防止のベルトがついていることが選ぶポイントです。

車にカバーを掛けたり取ったりを頻繁に繰り返す場合は、簡単に取り外しができるワンタッチタイプのベルトが良いでしょう。しかし、この部分は風にあおられたり取り外しを繰り返すことで、意外と壊れやすい。多少面倒でも結ぶタイプの方が長持ちすることがあります。

【裏起毛タイプの車カバー】

CHELIYA カーカバー 車ボディーカバー 4層構造 裏起毛タイプ 防水防塵防炎防輻射紫外線 車カバー 汎用 ((乗用車XL)525cm ×190cm ×155cm)

 
車の塗装の剥がれやひび割れが起こってしまった場合は、それ以上酷くならないうちに整備工場などで早めに対応が必要です。

板金塗装などの車の工賃は、整備工場によって大きく違うことがあります。

いつも利用している整備工場が、実は高い値段で修理していたというケースも少なくありません。

そのため、複数の整備工場を比較検討することをお勧めします。

全国の車検店舗の検索はこちらです。 加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

Sponsored Links

おすすめの記事

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…

 

 

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…