デフオイル交換時期と交換費用の目安!効果と必要性について解説!

自動車のエンジンオイルの交換は定期的に行っているが、デフオイルを交換される方は少ないのではないでしょうか。

デフオイルの交換はエンジンオイルの交換ほど頻繁に行うものではありませんが、駆動系のメンテナンスを怠ると、走行の不具合に繋がるので、しっかり整備しておきたいものです。

今回の記事では、デフオイル交換時期と交換費用の目安について紹介します。

Sponsored Links

デフオイルの効果と必要性

デフ(ディファレンシャルギア)とは、車が走行中にカーブを曲がる時に、左右の車輪の回転差を調整する差動装置のことを言います。

車が曲がる時は、外側のタイヤと内側のタイヤで回転が異なります。これらの回転差を上手く調整して、スムーズにカーブを曲がれるようにする効果があります。

デフは自動車の駆動輪の隙間に組み込まれている部品なので、FF車の場合は前輪部分に、FR車の場合は後輪部分に、4WDの場合は全輪とセンター部分にデフが設置されています。

Sponsored Links

デフは、たくさんの歯車で構成されたギアなので、それらを滑らかに動かすためにデフオイルが必要不可欠です。

デフオイルを長期に渡り交換しないと、駆動部分の動きが鈍ることで燃費が悪くなるばかりか、内部の部品がぶつかり合い異音が発生することもあります。

デフオイルは、エンジンオイルのように頻繁に交換するものではありませんが、不具合が起こる前に定期的にメンテナンスする必要があります。

デフオイル交換時期-交換費用-目安-効果-必要性-カーブ-画像

デフオイルの交換時期の目安

デフオイルの交換時期は、約2年または走行距離約5万キロを目安にすると良いでしょう。

このようにデフオイルは頻繁に交換するものではないので、車の使用状況によって交換時期が大きく異なることがあります。

山道やカーブの多い街内を頻繁に走っている場合は、デフオイルの交換時期が早まることがあります。

デフオイルは空気に触れると時間が経つにつれて酸化するため、上記の時期がきたら交換しておく必要があります。

車種によってディファレンシャルギアの構造が異なるため、その内部にあるデフオイルの点検も異なります。

デフオイルにもエンジンオイルのように、点検のためのゲージがついている車種は、容易に点検ができますが、車種によってはデフオイルを抜かなければ確認できない構造になっているものもあります。

このようにデフオイルの点検が簡単にはできない車種もあるので、交換した際にはしっかりと記録しておく必要があります。特に中古車を購入した場合は、最初に車の状況に応じてデフオイルを交換しておくことが重要です。

Sponsored Links

デフオイルの交換費用の目安

デフオイルの交換費用は、使用するオイルの単価によって異なりますが、デフオイルの単価は1個1,500円程度です。大抵は2個~3個くらいのデフオイルを使用します。

交換するデフオイルの数量が2個だとすると、3,000円程度が目安になります。

デフオイルの交換作業は、特に難しいことではないので、作業時間も少ないため、良心的な整備工場であれば工賃がかからないこともあります。

工賃がかかったとしても数千円ほどで、オイル代と合わせて4,000円程度がデフオイルの交換費用の目安になります。

デフオイル交換時期-交換費用-目安-効果-必要性-画像

デフオイルを交換しないと…

デフオイルの交換は、エンジンオイルのように頻繁に行うものではないので、長期に渡って交換していない場合が多い。

デフオイルはエンジンオイルと比べて粘度が高く、長期間使用しても機能する仕様になっていますが、デフオイルは内部の歯車の動きを滑らかにする役割があるため、これが機能しない場合は内部の部品がぶつかり合って「ウィーン」というモーター音のような異音が発生することがあります。

デフは車の駆動輪に組み込まれているので、異音が発生する場所も車種によって異なります。FF車の場合はフロントから、FR車の場合はリアから、4WD車の場合はフロントまたはリア、センターから異音が発生する可能性があります。

デフから発生する異音は、車内にいるとなかなか気付かないことがあります。エンジンをかけた状態で、一旦車外に出て確認してみると良いでしょう。

また、走行中にカーブで曲がる際に異音が発生することもあるので、日頃から車の状態を注意深く観察することも大切です。

ディファレンシャルギアの内部が故障している場合は、壊れた部品を交換する必要があるので、当然ですが費用が高くなります。

デフオイルだけの交換であれば、4,000円程度で済むところを、ディファレンシャルギアが故障してしまうと新しい部品代や工賃が加算されて、数万円になってしまうこともあります。

このようなことがないように、異音などの不具合が起こる前に、きちんとした時期にデフオイルを交換しておくことが大切です。

車の交換修理の値段は、整備工場によって大きく違うことがあります。

いつも利用している整備工場が、実は高い値段で修理していたというケースも少なくありません。

そのため、複数の整備工場を比較検討することをお勧めします。

全国の車検店舗の検索はこちらです。 加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

Sponsored Links

おすすめの記事

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…

 

 

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…