車の白化した樹脂パーツを復活させる未塗装樹脂コーティング剤

長年、自動車を乗っていると、どうしても樹脂パーツが傷んで白化してしまうことがあります。今回は、白く変色した未塗装樹脂パーツを、黒く艶やかなパーツに復活させるコーティング剤を紹介します。まずは、車の樹脂パーツがなぜ白化するのかについて確認していきましょう。

Sponsored Links

車の樹脂パーツはなぜ白化するのか?

車,白化,樹脂パーツ,復活,未塗装樹脂,コーティング剤,画像自動車の部品は、鉄やアルミなどの金属製部品と、樹脂で出来たプラスチック製部品があります。樹脂パーツは、熱可塑性樹脂や汎用樹脂など様々な材質で出来ていますが、樹脂パーツに共通して言えることは、紫外線によって劣化するということです。

車のワイパー周りやドアミラー周り、フェンダーアーチ、バンパーなど、至る所に樹脂パーツが使われています。最初のうちは黒く艶やか樹脂パーツだったとしても、長年紫外線に当たると劣化して白っぽく変色します。

紫外線により表面がボロボロになった樹脂パーツに雨風が当たると、さらに損傷が酷くなり白化が進みます。

Sponsored Links

それでは、なぜ紫外線に弱い樹脂パーツを車の部品として採用しているのでしょうか。それは、樹脂パーツは、金属製部品よりも耐腐食性に優れているため、ワイパー周りやドアミラー周り、フェンダーアーチ、バンパーなどの腐食しやすい場所の部品として適しているからです。

さらに、樹脂パーツは、金属製部品よりも軽量というメリットがあります。アルミパーツも軽量ですがコストがかかるため、比較的低コストで軽量な樹脂パーツを採用しているわけです。

Sponsored Links

白化した樹脂パーツを復活させる未塗装樹脂コーティング剤

この商品は、白化した樹脂パーツにコーティング剤を塗るだけで、しっとりとした黒さと耐久性が復活します。UV吸収剤配合なので、未塗装樹脂部分を強い紫外線から守り、再び白化するのを防いでくれます。この商品は、未塗装樹脂パーツだけではなく、ゴムパーツにも使えるのでおすすめです。

このコーティング剤の使い方は、あらかじめ樹脂パーツ部分の汚れを洗い落として、水滴を拭き取ってから樹脂パーツにコーティング剤を均一に塗り伸ばし、付属クロスで軽く拭き取れば施工完了です。

施工後24時間は触ったり濡らしたりしないでください。劣化が酷い樹脂パーツは、1回の施工だけでは十分な効果が得られない場合があるので、繰り返し施工すると良いでしょう。

全国の車検店舗の検索はこちらです。 加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

Sponsored Links

おすすめの記事

紙パックやコンビニコーヒーが置ける車用ドリンクホルダー

車のドアノブの傷消しや傷防止フィルムを紹介!

車の後部座席にモニターを後付け!テレビを見るには?

車の低速時のノッキングの原因!ガタガタ振動とカラカラ異音で揺れる!

スパークプラグ交換の効果!交換時期の症状や費用の目安について紹介!