ルーフテントの種類は「テント型」「タワー型」「シェル型」の3つ

ルーフテントとは、車の屋根の上に設置するテントのことを言います。ルーフテントの主な種類は「テント型」「タワー型」「シェル型」の3つです。今回は、ルーフテントの種類と特徴について紹介します。

Sponsored Links

ルーフテントの3つ種類

テント型ルーフテント

created by Rinker
スミティビルト(Smittybilt)
¥186,186 (2022/02/24 02:25:50時点 Amazon調べ-詳細)

テント型ルーフテントは、キャンプで使用するような通常の形のテントを、そのまま車の屋根の上に設置したような外観です。それだけなら地面にテントを設営すればいいじゃないかと思うかもしれませんが、意外とテントを張れる場所は限られているものです。

何よりもルーフテントの魅力は、高い場所にテントを設置することで、いつもとは違った景色が楽しめることです。まるで木の上に家を設置したツリーハウスのように、自然の中でルーフテントを使うとトム・ソーヤ気分が味わえるわけです。

ルーフテントの種類は、テント型やタワー型、シェル型など様々ですが、基本的にどの種類も車上にルーフキャリアがある車にしか取り付けることはできません。また、商品によっては取り付けられる車種が限られていることがあるので、サイズ間違いで後悔しないように事前に確認するようにしましょう。

Sponsored Links

タワー型ルーフテント

タワー型ルーフテントは、車上にボックスの形状のテントを設置したものです。もはやテントと言うよりも車の上に一部屋増えたという感じです。ですから、タワー型ルーフテントを設置すると、普通車がキャンピングカーのように使えると言っても良いかもしれません。

Sponsored Links

ここで紹介しているタワー型のルーフテントは、使わない時は車上で折りたたむことができ、厚さ29.5cmほどに収納できます。ルーフテントは、使わない時にコンパクト収納できることが重要で、厚さがあると空気抵抗を受けて車の走行に影響を及ぼしてしまいます。

ただし、コンパクトサイズで収納できるとは言え、重量が67kgもあるのでオフシーズンの時は外しておいた方が燃費にとって良いです。

ルーフテント,種類,テント型,タワー型,シェル型,画像

シェル型ルーフテント

シェル型ルーフテント

シェル型ルーフテントは、まるでニ枚貝が開くようにテントが建ち上がる仕組みになっています。シェル型ルーフテントが建ち上がると三角になるので、四角のタワー型ルーフテントに比べると内部が狭くなりますが、折りたたみ構造のテントとしては無駄のない効率的なデザインとも言えます。

シェル型ルーフテントの重量は、タワー型ルーフテントと比べて軽い傾向がありますが、それでもここで紹介しているシェル型ルーフテントの重量は50kgほどあります。

全国の車検店舗の検索はこちらです。 加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

Sponsored Links

おすすめの記事

車中泊でおすすめの寝袋!封筒型を広げて布団に変形

FF車とFR車は雪道・坂道走行でスリップしやすいのはどっち?雪道対策の重りや走り方のコツとは?

オートマ車ギアチェンジしない!タイミングに違和感!ATミッションが滑る原因とは?

子供の乗車定員の数え方!人数計算は大人とは違う!

車のルームランプがつかない・消えない原因は?LED電球交換の注意点やつけっぱなしによるバッテリー上がりについて解説!