車のタイヤカバーは「ラックタイプ」と「平積みタイプ」のどちらがおすすめ?

自動車のタイヤは、たとえ使用していなくても、長年放置すると自然劣化します。タイヤの劣化の原因は、紫外線や雨水、汚れなどが挙げられます。これらからタイヤを守ってくれるのが、保管中のタイヤを覆う「タイヤカバー」です。

タイヤカバーには、主に「ラックタイプ」と「平積みタイプ」の2種類があります。ラックタイプのタイヤカバーは、2段ラックにタイヤを縦向きに収納するものです。

平積みタイプのタイヤカバーは、横向きにしたタイヤを平積みにしていきます。いずれのタイプもそれぞれにメリットとデメリットがあるので、1つひとつ確認していきましょう。

Sponsored Links

タイヤカバーは「ラックタイプ」と「平積みタイプ」のどっちがおすすめ?

「ラックタイプ」のタイヤカバー

アイリスオーヤマ タイヤラック ステンレス カバー付 サビに強い 軽自動車 耐荷重 120kg KSL-450C ブラック

車のタイヤは、1本で約5kgほどあります。14インチのホイールが付いたタイヤは1本で約11kgもあります。そのため、重いタイヤを平積みにすると下のタイヤほど圧力がかかり、変形の原因になると一般的には言われています。タックタイプのタイヤカバーは、タイヤ1本を縦向きに収納していくので、タイヤに圧力がかかる心配が少ない。

さらには、タイヤが浮いた状態でラックに乗っているので、雨で濡れた地面に触れることなく保管することができというメリットがあります。

Sponsored Links

ただし、デメリットもいくつかあります。長期間ラックにタイヤを置いていると、スタットレスなどの柔らかいゴムの場合はラックの跡がついてしまうことがあります。また、ラックタイプのタイヤカバーは、平積みタイプと比べて場所を取ります。

ホイール付きのタイヤの場合は、ホイールの錆び付きも気になるところです。長年ラックタイプのタイヤカバーを使用するのであれば、やや高価になりますが錆びにくいステンレスラックを選ぶと良いと思います。

タイヤカバー,ラック,平積み,画像

「平積みタイプ」のタイヤカバー

[Mr.You] 保管中のタイヤを雨風ホコリ、汚れから守れます!タイヤカバー タイヤ収納 防水 雨よけカバー オフシーズン タイヤのホコリ 埃 防塵 保管 保存 日焼け止め (シルバー 幅65×高さ90cm)

平積みタイプのタイヤカバーの最大のメリットは、4本のタイヤを平積みにした最小限のサイズで保管できるという点です。車のタイヤは意外とスペースを取るため、保管する場所に困るものです。

一般的にはタイヤを平積みにすると変形すると言われているのですが、果たしてどのくらいの期間でどれほどタイヤが変形するのか定かではない。たとえば、タイヤ専門店などに行くと販売用のタイヤを平積みにして展示している光景をよく見かけます。

ただし、販売するタイヤと保管するタイヤでは、平積みになっている状態の時間が異なりますから、タイヤを平積みにしても大丈夫とは一概に言えません。これはあくまで主観ですが、2年、3年とタイヤを平積みにしたまま長期間放置するのはあまり良いことではないように思えます。

Sponsored Links

平積みタイプのタイヤカバーは、変形の心配以外にもデメリットがあります。平積みタイプのタイヤカバーは、車のタイヤを4本平積みしてその上からカバーを被せているだけないので、タイヤの下は全くの無防備です。そのまま地面に直置きすると当然ですが、雨水や汚れが付くことになります。

平積みタイプのタイヤカバーを使用してタイヤを保管する場合は、スノコなどの上にタイヤを平積みにすると良いでしょう。倉庫の中などタイヤを保管する環境にもよりますが、地面に直置きは避けた方が無難です。

また、長年使ってタイヤカバーが劣化すると雨水が入ってしまう可能性も考えられます。万が一、雨水が入るとホイールが錆びてしまう恐れがあります。念のため1番上のタイヤには別のビニールシートを被せておくことをお勧めします。

全国の車検店舗の検索はこちらです。 加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

Sponsored Links

おすすめの記事

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…
車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…