ゴムチェーンの効果!寿命や価格の目安を紹介!

昔は金属チェーンをつけていましたが、今はスタッドレスタイヤが主流になっているので、あまり見かけなくなりました。

冬場に雪が少なく、スタッドレスタイヤに履き替えるほどではないという地域の場合は、必要な時だけ手軽に装着できるゴムチェーンをお勧めします。

金属チェーンは、走行中に金属音がうるさく、乗り心地も悪いというデメリットがありました。しかし、素材を金属からゴム(主にポリウレタン)にかえることで、ジャラジャラといった金属音もなく、乗り心地も比較的良くなっています。

なによりも、重い金属製のチェーンをタイヤに装着することは非常に大変なことです。ゴムチェーンはとても軽く、装着も簡単なので、手軽に使用することができます。

Sponsored Links

ゴムチェーンの効果

車のゴムチェーンは、5cm程度の浅い雪や凍って滑りやすい路面などの環境で効果を発揮します。深い雪の場合は、金属チェーンやスタッドレスタイヤの方が効果的です。

ゴムチェーンは、たとえ雪が解けて乾いた路面を走ったとしても、金属チェーンのように路面を傷つける心配がないので、冬場に雪が降ることが少ない地域の方でも安心して使用することができます。

Sponsored Links

ただし、ゴムチェーンは金属チェーンのように雪道走行に強いチェーンとは言えません。金属チェーンの種類は、亀の甲羅模様のようにチェーンを組み合わせた「亀甲型」と、チェーンを進行方向に対して垂直に組み合わせた「はしご型」があります。

「亀甲型」と「はしご型」は、どちらも深い雪道走行に有効です。特に「亀甲型」は横方向にも踏ん張りが効きます。

ゴムチェーン-効果-寿命-価格-目安-画像

ゴムチェーンの構造はメーカーよって異なりますが、「亀甲型」のようにゴムが網目状になっていることが多く、浅い雪道や凍った路面でしたら横方向にも効果を発揮します。

ゴムチェーンは、深い雪道では十分に効果を発揮できないので、冬場は雪が積もる、朝晩路面が凍るという環境であれば、スタッドレスタイヤを装着した方が安全です。

それほど積雪がない環境であれば、簡単に取りつけられるゴムチェーンは冬季の良いアイテムだと言えます。スタッドレスタイヤを装着する時のようにジャッキアップする必要がなく、ゴムチェーンの種類によっては車を動かさずに装着できる製品もあります。

近年異常気象が見られるので、あまり雪が降らない地域でも突然多くの雪が降ることがあります。積雪の状態によってはゴムチェーンとスタッドレスタイヤを上手に使い分けると安心です。

Sponsored Links

ゴムチェーンの寿命

日本自動車交通安全用品協会の認定マーク「JASA432」もしくは「JASA433」がついているものは、走行試験により走行距離600km以上の耐久性があると認められています。この場合、走行距離を寿命の目安にすると良いでしょう。

ただし、素材がゴム製のため、車のタイヤと同様に走行しなくても経年劣化していきます。劣化したゴムチェーンは効果が低下するばかりか、切れてしまう恐れがあります。

ゴムチェーンの使用年数については、メーカーや保管状況によって異なりますが、3年から4年程度が寿命の目安です。同じゴム製品のスタッドレスタイヤの使用年数も同様の期間だと言えます。

ゴムチェーン-効果-寿命-価格-目安-路面凍結-画像

ゴムチェーンの使用後は、車のタイヤから外して、よく水洗いしてから、風通しの良い場所で陰干してから、雨や直射日光の当たらない場所で保管します。

このようにゴムチェーンの管理は手間がかかるように思われますが、金属チェーンに比べればそれほど大変ではありません。

金属チェーンは、道路に撒かれる融雪剤が付着すると錆が発生する原因になるので、重い金属のチェーンをしっかり洗わなくてはいけません。融雪剤がついたまま放っておく劣化の原因になります。

雪が溶けて乾いた路面を走行すると、金属のチェーンが摩擦で熱が発生し、そのまま放置するとチェーンが切れてしまうこともあります。金属チェーンは丈夫なイメージが強いかもしれませんが、実は金属よりもゴムチェーンの方が寿命が長いと言われています。

合わせて読みたい
車のタイヤの空気圧や交換時期・スタッドレスタイヤの寿命
車-タイヤ-空気圧-交換時期-スタッドレスタイヤ-寿命-サイズ-画像タイヤは、自動車のボディを支えている重要な役割を担っています。タイヤの空気圧と溝の点検は、安全運転にとって大切なポイントです。
タイヤ交換の目安となるのは、ノーマルタイヤの「スリップサイン」という印とスタッドレスタイヤの「プラットフォーム」という印です。
これらの印は、タイヤの寿命を表すものです…

ゴムチェーン-効果-寿命-価格-目安-雪道-画像

ゴムチェーンの価格

ゴムチェーンの価格は、とても幅があって、6,000円ほどの製品もあれば、20,000円ほどする製品もあります。

数千円から数万円ほどするゴムチェーンですが、重要なことは自分の車と合った製品で性能の面で安心できるゴムチェーンを選ぶことが大切です。

選ぶ目安としては、すでに述べていますが、実車走行の試験によって走行距離600km以上の耐久力があると認められた日本自動車交通安全用品協会の認定マーク「JASA432」または「JASA433」が付いてる製品を選択すると良いでしょう。

また、自分の車のメーカーがだしている純正品であれば安心できる製品です。ただし、車種にもよりますがやや高めの価格になることがあるので数万円は覚悟しておく必要があるかもしれません。

一方、金属チェーンはゴムチェーンよりも比較的安価で、3,000円~5,000円ほどの価格になります。

【JASAA認定の非金属タイヤチェーン 】

カーメイト (2018年出荷モデル)日本製 非金属タイヤチェーン バイアスロン クイックイージー QE10 適合:205/45R17 215/50R15 205/50R16 205/55R15 195/55R16 205/60R15 205/65R14 195/65R15 195/70R14 185/75R15(夏) 185/80R14(夏) 185R14(夏) QE10

 
全国の整備工場の検索はこちらです。
【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

Sponsored Links

おすすめの記事

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…

 

 

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…