車中泊に必須!エアベッドおすすめ!

今回は車中泊の必須アイテム、おすすめのエアベッドを紹介します。エアベッドは大きく分けて「分離型」と「一体型」の2種類があります。

「分離型」は後部座席を畳まない状態でそのまま使えるタイプです。「一体型」は後部座席を折り畳んだ上にエアベッドを置くタイプです。これらはお好みでどちらのタイプを選んでも良いです。おすすめの使いやすいエアベッドをそれぞれのタイプで1つずつ紹介します。

Sponsored Links

【分離型】後部座席を畳まないで使うタイプ

Mioke 分離可能 車中泊 マット 車用ベッド エアーベッド 車載 エアーマット 後部座席マット アウトドア ベッドキット キャンプ用 車中泊ベッド (ブラック)

この商品は、後部座席を折り畳まずにそのままの状態で使用できるエアベッドです。後部座席の足元の溝をエアクッションで埋めてから、その上にエアベッドを乗せることで安定したスペースを確保できます。運転席と助手席の隙間には落下防止のパーテーションが付いているので、小さな子供が使っても安心です。

エアベッドと言うと、ビニール質のものを想像するかと思いますが、この商品は表面に起毛素材を使用しているので、肌触りが良く快適です。汗をかいてもベタ付きにくく、さらっと気持ち良い肌触りです。

Sponsored Links

専用の電気ポンプが付いているので、簡単に空気を入れることができます。電源はシガーソケットからとることができるので、車のエンジンさえ始動できれば何処でも空気を注入することができます。

後部座席の足元の溝を埋めるためのエアクッションと、その上に乗せるエアベッドの分離型なので、設置・取り外しも簡単です。個別に空気を入れて使うことができるので、車に以外でもキャンプやレジャーなどでエアマットとして使うことができます。使わない時は空気を抜いて付属のバッグに入れてコンパクトに収納できます。

車中泊-エアベッド-おすすめ-画像

【一体型】後部座席を畳んで使うタイプ

IREGRO 車中泊マット ヴォクシー/cx5/アルファード/シエンタ/セレナ/ハイエース車中泊 エアーマット エアーベット 電動ポンプ付き 厚さ12cm SUV車用ベッド 汎用 簡易ベッド カー用品 車内泊 キャンプ用品 快適空間 仮眠 旅行用 (ダークブルー)

この商品は、後部座席を折り畳んでその上にエアベッドを置いて使うタイプです。一体型ですが、三段分割デザインになっていて、3つの部分は独立な空気弁で仕切られているので、別々に膨張することができます。車内の空間に合わせて自由に調節可能です。たとえば、中段だけを膨張させて後部座席の部分だけに使うこともできます。

Sponsored Links

このエアベッドはビニール質の通常の商品とは違い、中材に高密度ウレタンフォームを使用しているので、高反発ウレタンフォームが良質なクッション性を実現しているので寝心地が快適です。表面がウェーブデザインになっているので、睡眠中の姿勢を保ち体に負担がかかりにくいので、快眠をサポートしてくれます。

付属の電動ポンプで空気を入れてシートに敷くだけなので、設置はとても簡単です。電動ポンプを使うための電源はシガーソケットからとれます。使わない時は空気を抜いて、付属の袋にコンパクトに収納できます。

全国の整備工場の検索はこちらです。
【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

Sponsored Links

おすすめの記事

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…

 

 

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…

 
Sponsored Links