車内でお湯を沸かすアイテムの車用電気ポットや車用電気ケトルは、まだまだ改良の余地がある当たり外れが大きいカー用品です。

購入後、いざ使ってみると、「お湯の温度が低い」「お湯にプラスチック臭がある」「過剰な熱でソケットに負担がかかる」など、ガッカリしてしまうことが少なくありません。

とはいえ、車用電気ポットでお湯を沸かすことができれば、車内で温かいコーヒーを飲んだり、カップ麺を食べたりと、車中泊などで便利なアイテムであることには間違いありません。

今回は、おすすめの車用電気ポットや、車用電気ポットを選ぶポイントについて紹介していきます。

Sponsored Links  

車用電気ポットを選ぶポイント

プラスチック素材に要注意

いわゆるケトルタイプのものに多いのですが、プラスチック製のパーツを広範囲に使っていると、沸かしたお湯にプラスチックの臭いが移ってしまうことがあります。プラスチック臭のあるコーヒーやカップ麺を口に入れるのは不快でしかないので、このような商品は避けた方が無難です。

プラスチック製のパーツは注ぎ口や取っ手などに使われる程度で、全体的にステンレス製のパーツを使ったポットタイプのものを選ぶと良いでしょう。ステンレス製の電気ポットは、プラスチック製のパーツの多いケトルタイプと比べて、やや高額(5千円前後)になってしまいますが、プラスチック臭があって使えないのでは意味がないので、ステンレス製の電気ポットをおすすめします。

Sponsored Links

容量の目安

車内でホットコーヒーを飲むだけなら、容量が300ml程度の小型の車用電気ポットで十分ですが、車中泊などでカップ麺を食べる時には、300mlの容量でお湯が足りない場合があります。

車用電気ポットには、コーヒーやカップ麺だけではなく、商品によっては茹で卵が作れたり、おでんやスープなどを入れることができたり、赤ちゃんのミルク用にも使えたりと、幅広い用途があります。そう考えると、容量が800ml~1000ml程度を目安にすると、もっと使える幅が広がるのではないでしょうか。

車用電気ポット-おすすめ-お湯を沸かす-画像

沸騰時間の目安

車用電気ポットの容量が少ないほど、沸騰までの時間が短いと思ったら大間違いです。容量に関係なく大抵の商品が沸騰までに約30分はかかります。その理由は商品によって熱量や熱伝導効率が異なるからです。

ただし、同じ商品を使うのであれば、水の量が少ないほど短時間で沸騰します。ですから、どうせ沸騰時間がかかるのであれば、ある程度は容量がある800ml~1000ml程度の車用電気ポットを選んだ方が良いように思えます。

Sponsored Links

沸騰時間の目安は約30分程度と考えておくと良いでしょう。正直、それほど早くは沸騰しません。電圧によっては小一時間かかる商品もあります。商品の中には、お湯を温めることはできても、沸騰(100℃)できないものがあるので、必ず購入前に沸騰可能な商品なのかを確認するようにしましょう。

おすすめの車用電気ポット

YUYU 12V/24V兼用 車用電気ポット 車用湯沸かし器 1200ml大容量/食品級ステンレス鋼/沸き立った後に自動的に保温/小型車トラック兼用/仕事/旅行使用便利/お茶入れ/卵煮ること/コーヒー入れ/カップラーメン入れ/牛乳が温まる(12-24V)

この車用電気ポットの電圧は12-24V兼用なので、幅広い車種に対応できます。注ぎ口や取っ手にはプラスチックとシリコンが結合した食品等級PPプラスチックを使用しています。本体には二層ステンレス鋼を採用しているので、安全で清潔なお湯を確保できます。

沸騰までの時間は電圧によって異なります。12Vで約60分間、24Vで約30分間かかります。沸き立った後は自動的に保温モードになります。

容量は1200mlなので、幅広い用途で使えます。コーヒー、紅茶、カップ麺、茹で卵作り
、保温機能を利用しておでんやスープを入れたり、赤ちゃんのミルク用に使うこともできます。

使い方はとても簡単です。車のエンジン起動して、水を入れた車用電気ポットの電源コードを車のシガーソケットに差し込むだけです。

 
全国の整備工場の検索はこちらです。
【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

Sponsored Links

おすすめの記事

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…

 

 

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…

 
Sponsored Links

Check! 車の売却をご検討中のあなたに


「そろそろ車の替え時かなぁ。」「もし売れたら、前から気になっている車に乗り換えできるかも。」など、車の売却を考えていませんか?

なかには例外もありますが、多くの車は日に日に買取相場が下がっていくのが基本です。そのため愛車を高く売りたいと考えているのであれば、早めに売却する方がお得と言えます。

車の売却をご検討中のあなたにおすすめなのが、『オークション形式の中古車売却』です。

ここでは、1回の査定で最大5,000社があなたの車に対してオークションしていく仕組みになっています。
何度も面倒な営業電話が来ない、査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみでOK!
あとは待っているだけで、1番高く買い取ってくれる業者が分かります。

できるだけ手間をかけずに車を効率良く売りたいと思うのであれば、1度チェックしてみてはいかがでしょうか?

詳しくはコチラ≫一括査定サイトで大変な思いをした方に!1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!

 

Sponsored Links