車のフロントガラスが夏曇る・冬凍る!雨天は内側!凍結は外側をカバーする防止や対処方法を紹介!

車のフロントガラスが夏曇る・冬凍る!雨天は内側!凍結は外側をカバーする防止対策や対処方法を紹介!

自動車のフロントガラスが曇る、凍るといった状態のまま走行すると事故の原因になります。

必ず、走行前にガラスの曇りと凍結を対処する必要があります。

または、ガラスに曇り止めグッズを使用したり、車に凍結防止のカバーをかけたりと、事前に防ぐことも大切です。

Sponsored Links

フロントガラスが曇る原因

車のフロントガラスが曇る主な原因は次のようなことが挙がられます。

●車内の湿度が高い
●車内と車外の温度差が大きい

このような状態が続くと、空気中に含まれる水分が結束して、フロントガラスに付く小さな水滴となって現れます。

実は、フロントガラスは2枚のガラスでできた二重構造になっていて、1枚のガラス窓よりも曇りにくい構造になっています。

Sponsored Links

車内の湿度が高い

雨や雪が降る日は、濡れた傘や衣類により車内の湿度が高まります。

それに加えて、人の呼吸によっても湿度が高まるので、乗車人数が多い時もフロントガラスが曇りやすくなります。

夏の暑い季節は、人の皮膚から汗が蒸発することによって湿度が高まります。

車内と車外の温度差が大きい

冬場の寒い日は、車内と車外の温度差が大きくなります。

車の外側は、冷たい外気にさらされているにも関わらず、車の内側は、体温やエンジンの熱エネルギーで徐々に温まってきます。

すると、車内と車外の温度差が大きくなり、車の内側と外側の境界面であるフロントガラスに結露が発生します。

車-フロントガラス-夏-曇る-冬-凍る-雨-内側-凍結-外側-カバー-防止-対策-対処-方法-曇ったガラス画像

車のフロントガラスが曇る時の対処方法

車のフロントガラスが曇る原因は「車内の湿度が高い」と「車内と車外の温度差が大きい」なので、この2つの問題を解消してあげれば対処できます。

エアコンをつける

自動車のエアコンには、車内の温度と湿度の調整機能が備わっています。

エアコンを使用して、車の内側と外側の温度差を少なくし、社内の湿度を低くすることで、フロントガラスの曇りをとることができます。

車内の湿度を低く保つことは、フロントガラスの曇り防止に役立つので、夏場でなくてもエアコンを使用することで対処できます。

窓を開ける

車内と車外の温度差が大きいことが原因でフロントガラスが曇っている場合は、窓を開けることで曇りが解消されることがあります。

内外の温度差が原因で起こる結露は、冬に多く見られます。

寒い日に窓を開けることは変に思われるかもしれませんが、一時的に車内に外気を入れることで内外の温度差がなくなり、フロントガラスの曇りがとれることがあります。

または、雨や雪が降っていて窓が開けられない時は、空調パネルの外気導入をオンすることで、車内と車外の温度差が少なくなり、フロントガラスの曇りをとる効果が期待できます。

デフロスター・デフォッガーを使う

空調パネルにあるデフロスターをオンにすることで、フロントガラスの表面にできた結露を乾燥させて曇りを防止してくれます。

後部ガラスに熱線デフォッガーが装備されている場合は、熱線でガラス表面を温めることで曇りを防止に役立ちます。

ただし、熱線デフォッガーは、使用電力が高いので長時間の使用は避けた方が良い。

Sponsored Links

フロントガラスの曇り防止

フロントガラスの曇り防止には、スプレータイプの曇り止めよりも、拭くタイプの曇り止めグッズをおすすめします。

どちらのタイプでも結局はガラスを拭くことになるので、ガラスの内側をウエットシートでサッと拭くだけの方が簡単です。

フロントガラスの曇り防止効果と同時にクリーニング効果も期待できます。

SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア 窓フクピカくもり止め強化タイプ 04073

フロントガラスが凍る原因

冬の寒い時期にフロントガラスの表面が0℃以下になると、そこに空気中に含まる水分が触れることが原因で、凍結や降霜が起こります。

フロントガラスが凍ることは、昼は暖かく夜は冷え込む「放射冷却」という現象が起きた時になりやすい。

フロントガラスが凍る時の対処方法

フロントガラスが凍る時の対処方法は、凍結した水分を溶かす以外に方法はありません。

また、凍結する前に防止することも重要になってきます。

熱湯はかけるのはNG!ぬるま湯をかけよう

凍ったフロントガラスの外側を一気に溶かそうとして、沸騰したお湯をかけてしまいがちですが、熱湯をかけることはNGです。

フロントガラスに細かい傷があると、熱湯をかけた時の温度差によってガラスに亀裂が入ってしまう恐れがあります。

凍結したフロントガラスを溶かす時は、ぬるま湯を使用するようにしましょう。

デフロスターを使う

空調パネルにあるデフロスターをオンにし、しばらく暖機運転を行うことでフロントガラスの凍結は解消されます。

凍ったフロントガラスの外側が解消されるまで数十分ほど時間がかかりますが、暖機運転を行うことで車内が温まるばかりか自動車への負担も軽減されます。

車-フロントガラス-夏-曇る-冬-凍る-雨-内側-凍結-外側-カバー-防止-対策-対処-方法-凍ったガラス画像

フロントガラスの凍結防止

フロントガラスが凍る前に、凍結防止の車専用カバーをかけておくと良いでしょう。

フロントガラスのカバーは、冬場の凍結防止だけでなく、夏場の日よけにも役立ちます。

カーフロントカバー ガラス凍結防止 日よけ 埃よけ 霜よけ 霜取シート サンシェード 雪対策グッズ

車のフロントガラスが急に凍結してしまった時のために、解氷スプレーを常備しておくと便利です。

古河薬品工業(KYK) 解氷スプレートリガー 500ml [HTRC3]

 
全国の車検店舗の検索はこちらです。 加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

車のフロントガラスが夏曇る・冬凍る!雨天は内側!凍結は外側をカバーする防止対策や対処方法を紹介!

Sponsored Links

おすすめの記事

車のフリマ形式買取サービスで売るポイント
車-フリマ-買取-売る-ポイント-画像2自動車の買い取りサービスで、マイカーを自ら出品できる「フリーマーケット形式」があるのをご存知でしょう?一般的な買取サービスは、買取業者が決めた値段で査定されますが、フリマ形式の車買い取りサービスは、車の売りたい値段を自分で決められることが最大の特徴です。車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店の間に、中間業者を挟まないので、高価買い取りが期待できます…

 

 

車を高く売るためには時期とタイミングが大切
車-高く売る-時期-タイミング-画像中古車市場の相場は、初年度登録から新しいほうが査定相場が高くなるのが基本ですが、需要と共有のバランスから高価買い取りが期待できる時期があります。また、走行距離や年式など、目安となるタイミングを逃してしまうと、いっきに価値が下がってしまうこともあります。いつ、どんな状態で査定を受けるとお得なのか、車を高く売れるためには時期とタイミングが大切です…